スタッフブログ

2016.09.18更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です。

 

最近は雨の日ばかりですが、シルバーウィーク、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

 

 

庄井歯科医院はこの連休中に、プチリフォームいたしましたnote2

 

おむつ交換台

 

待合室トイレにおむつ交換台を設置しましたihi

 

ぜひご利用くださいleaf

 

 

投稿者: 庄井歯科医院

2016.09.06更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です

 

お子さまの仕上げ磨きはどんな歯ブラシを使っていますか?

 

「子ども用の歯ブラシをそのまま使ってます」

 

という方も多いと思いますが、当院では仕上げ磨きは仕上げ用の歯ブラシを使うことをおすすめしていますglitter

 

なぜかというと、仕上げ用の歯ブラシは仕上げ磨きがしやすいように考えられて設計されているからです。

 

歯ブラシが歯以外のところに必要以上に当たっていたりすると、仕上げ磨きを嫌がる原因になってしまうこともあります。

 

仕上げ用と本人用を比べてみると…

 

仕上げ用歯ブラシ 

 

黄色が仕上げ用、緑が本人用(乳歯列期)です。

 

仕上げ用は、よりヘッドがコンパクトで柄が長く、奥歯まで細かく磨きやすいようになっています。

仕上げ用歯ブラシ2 

横から見ても、ヘッド部分の高さが低いので、奥歯の狭いすき間にも入れやすいようになっています。

 

仕上げ用はこのタイプで、歯が生えたばかりの0歳から6歳臼歯が生えるころ(小学校低学年)まで使えます。

 

待合室に見本も置いているので、いつでもチェックしてみてくださいねnote2

 

また、当院ではお母さまやお父さまにも実際に仕上げをしていただいて、仕上げ磨きの指導などもしております。

 

ちゃんと磨けてるかどうか不安…という方は、ぜひ一度お越しくださいnico

 

投稿者: 庄井歯科医院

2016.08.14更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です

 

患者さまから、よくこんなご相談をうけます

 

「うちの子、仕上げ磨きをすごく嫌がるのですが、どうしたらいいんでしょうか」

 

わが子も先日2歳になったばかり、もっと小さかったころはまだよかったのに、

最近は仕上げ磨きの嫌がり方が半端ないですun

 

レノビーゴから引き続いて使用しているフッ素ジェルも嫌がりますtears

 

 

そうなんです汗

 

たまに嫌がらない子もいるようですが、

 

イヤイヤ期など、子どもが小さい時期は仕上げ磨きを嫌がるのがふつうと思ってくださいehe

 

 

むし歯予防は歯磨きだけではありませんihi

 

leafむし歯予防の3つのポイントleaf

 

①歯磨き

②食生活

③フッ素

 

これらを組み合わせて合格点を目指すという考え方glitter3

 

 

仕上げ磨きを嫌がってうまくできない時期は、

 

食生活やフッ素のポイントを見直して合格点を目指しましょうnote2

 

 

また、磨き残しがあるとどんどん汚れが強くなり、落としづらくなってきます汗

 

定期的に歯医者さんでむし歯のチェックとともに、クリーニングをしてもらうことをおすすめしますnico

 

 

投稿者: 庄井歯科医院

2016.08.07更新

こんにちは

 

庄井歯科医院副院長です

 

むし歯予防のためのフッ素、歯医者さんで塗るものと、家庭用のものと、どちらかひとつでいいのでは?

 

と思われている方も多いと思います。

 

答えは no! です。

 

実はこのふたつには違いがあるんです。

 

 

歯医者さんで行うフッ化物塗布は、高濃度(9000ppm)の医薬品を使い、

 歯面に塗ることで歯のミネラル成分と反応してフッ化カルシウムを生成します。

 

フッ化カルシウムは、むし歯菌の産生した酸や食事の影響によりお口の中が酸性になると、

 少しずつ溶け出してフッ化物として作用します。

 

 

一方、ホームケア用のものは低濃度で、フッ化物がそのまま口腔内に付着して直接作用します。

 

 

3ヶ月に1度くらい歯医者さんでフッ素を塗って歯にフッ素を蓄え、

 お家では毎日少しずつフッ素を補ってあげることで、むし歯予防の相乗効果が期待できるんですihi

 

 

庄井歯科医院では、歯医者さんでのフッ素塗布とホームケアをダブルで継続しやすいように、

 「ティースマイルクラブ」という予防プログラムを作りましたglitter

 

 

フッ素は小さい頃から継続して使うことが大事ですので、0歳から大人の方まで、

 ぜひお気軽にお問い合わせくださいnico

 

 

 

 

 

投稿者: 庄井歯科医院

2016.08.05更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です

 

桃のおいしい季節ですねnote

 

私は果物が大好きなので、毎日果物は欠かせませんihi

 

先日2歳になった我が家の息子も、今年初めて食べた桃が大好きになり、毎日一緒に食べていますmeal

 

ところで、みなさまは「ワッサー」という果物はご存知ですか?

 

桃とネクタリンの交配種で、平成2年に生まれた新しい果物だそうです

ワッサー

先日、ボーノ相模大野の食専館で見つけてお試しに買って食べてみました

 

コリコリっとした食感で、さっぱりしていておいしいです

 

私も息子もはまってしまいました heart2

 

ワッサーを食べる

 

むし歯予防にはむし歯になりにくいおやつを選ぶこともポイントglitter3

 

果物はむし歯になりにくいので、おやつにオススメですnico

投稿者: 庄井歯科医院

2016.07.28更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です。

 

ご要望が多かったため、当院でも矯正治療を行うことになりましたglitter

 

月1回水曜日、東京医科歯科大学卒業、歯学博士、日本矯正歯科学会認定医が診療いたします。

 

2016年8月の診療予定日は 8月31日(水曜日) 16:30~ です。(要事前予約)

 

相談料は無料で行っておりますので、ご興味のある方はご連絡くださいnico

 

料金表はこちらです。

 

矯正料金表

 

ホームページは準備中なので、まずはブログでお知らせさせていただきましたnote2

 

 

投稿者: 庄井歯科医院

2016.07.16更新

こんにちは。

庄井歯科医院副院長です。

 

フッ素がむし歯予防に効果的だということは、かなりの方がご存知だと思います。

 

当院でも、歯医者さんでの高濃度のフッ素塗布とホームケア製品の併用をオススメしていますleaf

 

でも、ここで注意していただきたいのは、フッ素を使っているからといってむし歯にならないわけではない、ということですbibibi

 

むし歯予防には

「食事(お砂糖の回数)」

「歯磨き」

「フッ化物の使用」

が重要なんですglitter

 

どれかひとつでむし歯予防100点満点は どんな方でも難しいですnnn

 

例えば、お砂糖を全く摂らない、歯磨きを完璧にする、など。

 

そこで、これらを組み合わせて合格点を目指す、という発想が大切なんですglitter2

 

ぜひ、この3つのことについて考えてみてくださいnico

 

投稿者: 庄井歯科医院

2016.07.10更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です。

 

ドクタージョンズキャンディーズのキャラメル入荷しましたnote

 キャラメル袋

 

キャラメルといえば、むし歯になりやすいお菓子の代表ですが、このキャラメルはシュガーフリー(むし歯のもとになるお砂糖がゼロ)、甘味料キシリトール100%なので安心ですnico

 

1袋に3種類のフレーバーが入っていますcake

 

キャラメル中身

 

美味しいので毎日食べてしまっていますihi

 

 

投稿者: 庄井歯科医院

2016.06.23更新

こんにちは。

庄井歯科医院副院長です。

 

今日はむし歯予防におすすめのお菓子をご紹介したいと思います。

 

最近、うちの子もデビューしました。

「しまじろうのキシリトールタブレット」

 しまじろう

 

むし歯予防にいいと、よく耳にするキシリトール。

 その効果を簡単に挙げると

①むし歯菌のえさにならないので、むし歯の原因にならない

②むし歯菌の活動を抑える

です。

 

特に、②のむし歯菌の活動を抑える効果は、他の甘味料にはなく、キシリトールだけ。

 

キシリトールはシラカバから抽出された自然由来の甘味料なので小さいお子様にも安心です。

 

でも、キシリトール製品はたくさん出回っていますが、実はその割合が重要なんです。

 「しまじろうのキシリトールタブレット」は甘味料としてキシリトール100%

 

ぐずった時にも安心してあげられます。

 

うちの子、タブレットを見せると急にすごい笑顔に・・・

 

 キシリトール2

 

最初は小さくしてあげていましたが、すぐそのままでも上手に食べれるようになりました。 

 

私も大好きなのでいつも持ち歩いています。

 

投稿者: 庄井歯科医院

2016.06.22更新

こんにちは

庄井歯科医院です。

 

学校や保育園での歯科健診の季節ですねrain

 

健診の結果を見て、むし歯があれば歯医者さんに行くと思いますが、むし歯がなかったら、「よかった〜sun」で終わっていませんか?

 

歯科健診は、むし歯や歯肉炎などを見つけるためだけのものではありませんbibibi

歯科健診を通じて、保護者の方やお子様自身が、歯やお口のことについて振り返ってもらうことも目的なんです。

 

乳歯はむし歯ができやすく進行するのも早いですし、生え変わりの時はいろいろと問題が起こりやすいです。

 

でも子どもは自分から不調をなかなか伝えられませんnamida

 

歯科健診で、むし歯や歯肉炎があります、と言われた方はもちろんですが、そうではない方も、歯やお口のことについて少し考えてみてくださいねni

 

何か気になることがあれば、お気軽にご相談くださいnico

 



 

 

投稿者: 庄井歯科医院

前へ 前へ

スタッフブログ

ドクターズ・ファイル

FACEBOOK

 

弦巻通り まりあ歯科

あわーず相模大野

24時間WEB予約受付中

健やか親子21