スタッフブログ

2019.05.21更新

こんにちは

庄井歯科医院 副院長です

 

子どものむし歯は減っているけど・・・

それとは反対に、

  tears歯並びが悪い

  tears上手に食べられない

  tears口呼吸

などの問題が増えていますnamida

 

お口の健康はむし歯予防や歯周病予防だけではありません。

 

ご飯は歯だけで食べているのではなく、唇や舌やほっぺたを使うことで上手に食べることができます。

また、いつもお口が開いていて、口で呼吸をしていると、体への影響も出てきます。

 

そのために、小さい頃からむし歯予防だけでなく、お口の機能も育てていきましょうnote

 

例えば、お口や顔を使った遊びもしてみるといいですねnico

 

 down arrow 100円ショップで見つけた懐かしおもちゃ

水鳥笛

 

 down arrow 散歩中に見つけたたんぽぽの綿毛をふーっ!flower お口をとがらせるのもお口を使う練習になります 

たんぽぽ

 

投稿者: 庄井歯科医院

2019.02.08更新

こんにちは

庄井歯科医院 副院長です。

 

前歯が生えそろってくる頃(1歳前後)になったら、おにぎりもずーっと一口大にしないで、こぶし大のものをがぶっと!

おにぎり

 

「前歯でかじりとる」練習をさせていきましょう。

最初はおしこんでしまったり、うまくできなくて失敗してしまうこともen

でも今までやったことないことなのでわからないのは当然!

 

ママやパパが「こうやって食べるんだよ~、おいしいよ~」って見せてあげたり、手を添えてサポートしてあげてください。

そうすれば少しずつできてくると思いますよihi

投稿者: 庄井歯科医院

2019.01.13更新

こんにちは

庄井歯科医院 副院長です

 

お口の発達のためには、柔らかいものばかりでなく、「歯ごたえ」のあるものを食べましょうglitter3

でも、ただ硬いものを食べさせたり、よく噛みなさい、と言ってばかりだと

せっかくの楽しい食事が楽しくなくなりますし、自然と噛むことにはつながりません

 

食材の選び方や、調理方法、味付けなどで、自然と噛む回数は変わってきますよnico

 

 我が家の子どもたちはメゾンカイザーのバゲットモンジュ(フランスパン)が大好きihi

材料はシンプルですが、何もつけなくても、噛めば噛むほど味わいが出てきます

1歳の次男も、前歯しか生えてないのに、前歯で噛みちぎって、歯ぐきでもぐもぐしています

フランスパン

投稿者: 庄井歯科医院

スタッフブログ

ドクターズ・ファイル

FACEBOOK

FACEBOOK

 

弦巻通り まりあ歯科

あわーず相模大野

24時間WEB予約受付中

健やか親子21