スタッフブログ

2017.11.11更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です。

 

 ブログ記事「赤ちゃんの仕上げ磨きはいつから?」(記事はこちら)

 

でも書かせていただきましたが、

仕上げ磨きを嫌がらないようにするためには、なるべく小さいうちに赤ちゃんに歯ブラシがお口の中に入ることに慣れてもらう、ことが大事です。

 

そのために、歯が生え始める6ヶ月頃から(よだれが増え、いろんなものをお口の中に入れたりなめたりする時期)、おもちゃとして歯ブラシをあげてみましょうflower2

 

安全のため、のどの奥まで入らない、持ち手がリング状になったものやストッパー付きのものを使ってくださいね。

 

当院でも「リング歯ブラシ」を取り扱っています。

見本もありますので、実際にどんなものか触ってみてください。

リング歯ブラシ

 

我が家の長男はストッパー付きのものを使っていました。

赤ちゃん歯ブラシ2

 

お外にお出かけするとき、落とさないようストラップをつけてスリングに留めていました。

ずーっとなめていましたよーgya

 

よだれが多く、スタイがびしょびしょになっていましたが、この時期6ヶ月〜1歳代はよだれが多いもの。

 

たくさんお口を刺激してあげることでむし歯予防やお口の機能の発達につながりますので、指や手や安全なおもちゃをたくさんなめさせてあげてくださいねnico

 

ただし、こちらは仕上げには使いにくいので仕上げは仕上げ用を使ってください。(黄色い方が仕上げ用です)

仕上げ用

 

投稿者: 庄井歯科医院

スタッフブログ

ドクターズ・ファイル

FACEBOOK

 

弦巻通り まりあ歯科

あわーず相模大野

24時間WEB予約受付中

健やか親子21