スタッフブログ

2016.08.07更新

こんにちは

 

庄井歯科医院副院長です

 

むし歯予防のためのフッ素、歯医者さんで塗るものと、家庭用のものと、どちらかひとつでいいのでは?

 

と思われている方も多いと思います。

 

答えは no! です。

 

実はこのふたつには違いがあるんです。

 

 

歯医者さんで行うフッ化物塗布は、高濃度(9000ppm)の医薬品を使い、

 歯面に塗ることで歯のミネラル成分と反応してフッ化カルシウムを生成します。

 

フッ化カルシウムは、むし歯菌の産生した酸や食事の影響によりお口の中が酸性になると、

 少しずつ溶け出してフッ化物として作用します。

 

 

一方、ホームケア用のものは低濃度で、フッ化物がそのまま口腔内に付着して直接作用します。

 

 

3ヶ月に1度くらい歯医者さんでフッ素を塗って歯にフッ素を蓄え、

 お家では毎日少しずつフッ素を補ってあげることで、むし歯予防の相乗効果が期待できるんですihi

 

 

庄井歯科医院では、歯医者さんでのフッ素塗布とホームケアをダブルで継続しやすいように、

 「ティースマイルクラブ」という予防プログラムを作りましたglitter

 

 

フッ素は小さい頃から継続して使うことが大事ですので、0歳から大人の方まで、

 ぜひお気軽にお問い合わせくださいnico

 

 

 

 

 

投稿者: 庄井歯科医院

スタッフブログ

ドクターズ・ファイル

FACEBOOK

FACEBOOK

 

弦巻通り まりあ歯科

あわーず相模大野

24時間WEB予約受付中

健やか親子21