スタッフブログ

2017.07.14更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です

 

flower2むし歯予防のためには甘いもの(お砂糖が入っているもの)はなるべく食べない(あげない)方がいいの?

 

そんなことはありません。

おいもやかぼちゃなど、自然な甘さのものをおやつにするのがベストですが、市販のお菓子を食べる機会も大きくなるに従って増えて来ると思います。

そんな時に知っておきたいのが、それぞれのお菓子のむし歯のなりやすさ!

 

むし歯のなりやすさは

 

 ①プラークを作る力

 ②酸を作る力の強さ

 ③その食品を食べている時間

 ④食べ終わっても口のに残って作用する時間の長さ

 

これら4つの要因から、  (①+②)×(③+④)=う蝕誘発能  として評価されます。

 

つまり、同じお砂糖が入っているものでも、お口の中に長く残らないものは、長く残るものに比べてむし歯になりにくいのです。

 

  では、代表的なお菓子のう蝕誘発能ランキング!

お菓子のう蝕誘発能

 

 

どうでしょうか。これを参考におやつをチョイスしてみてください。

 

ただ、う蝕誘発能が低いものでも、ちょこちょこ食べをしていると食品がお口の中にある時間が増えてしまいますので、むし歯リスクはアップしますuun

食べ方にも注意しましょうね。

 

当院で扱っているドクタージョーンズキャンディのソフトキャンディ、これはまさにキャラメル!なのですが、キシリトール100%なので食べてもむし歯になりません!

しかもキシリトールは1日5g以上を継続して食べるとむし歯菌を減らしてくれるので、一石二鳥ihi

 

しかもおいしいんですheart3

 

オススメですよnico

 ドクタージョーンズキャラメル

ドクタージョーンズソフトキャンディ

ドクタージョーンズ ソフトキャンディ

投稿者: 庄井歯科医院

スタッフブログ

ドクターズ・ファイル

FACEBOOK

FACEBOOK

 

弦巻通り まりあ歯科

あわーず相模大野

24時間WEB予約受付中

健やか親子21