スタッフブログ

2018.07.07更新

こんにちは

庄井歯科医院副院長です。

 

赤ちゃんの抱っこの仕方について、考えたことはありますか?

 

海老名を中心に赤ちゃんの姿勢発達や育児についての活動をされている助産師さんが、

庄井歯科医院でお話ししてくださいます。

 

最近はいろんな抱っこ紐がありますが、赤ちゃんのよりよい身体の発達のためにはどんな抱っこがいいのでしょうか。

赤ちゃんの抱っこにはスリングがとってもいいです。

ただ、使い方にちょっとコツがあるのですが、それがわかったら赤ちゃんにもママにもぴったりするのでらくちんです。

我が家では、長男も次男もスリング大好きです。

 

定員が少ないので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。

キャンセル待ちも受け付けます。

 

講師の山浦直子さんのブログもとても参考になりますglitter

海老名市助産師のベビーちゃんとの日々

 

 

leafベビー発達教室@庄井歯科医院leaf 

 

赤ちゃん時代に大事なのは、赤ちゃんがここちよくなる抱っこをして寝かせてあげること

置けば泣いてしまう、向き癖、反りかえりで上手く抱っこ出来ないなどで
お困りではありませんか?


赤ちゃんの姿勢発達から考えたちょっとした工夫で育児が楽になります


赤ちゃんのしぐさには一つ一つ発達につながる意味があるのです


そんな発達の意味を知ると子育てがもっと楽しくなりますよ


お座り、あんよまでに大切にしてほしいことを助産師がお伝えします

 

日時:2018年8月9日(木) 14:00~16:00 → 13:30~15:30(変更になりました)
場所:庄井歯科医院(小田急線 相模大野駅より徒歩7分、駐車場3台あり)
参加費:4000円(大人2人までと赤ちゃんの参加で)
対象:1~5か月の赤ちゃん
持ち物:バスタオル、(お持ちでしたらスリング、おひなまきに使う布)


講師 助産師 山浦直子さん
病院、助産院で働いた後、現在は出張開業助産師として海老名市、座間市、綾瀬市中心に活動。
地域のママや赤ちゃんの笑顔に貢献中
 看護師、助産師
 ICAA認定ベビーケアセラピスト
 トコカイロプラクティック学院カイロプラクティックセミナー修了

〈お申込み〉
電話:042-748-3161
メール:shoi.dental@gmail.com
(庄井歯科医院HPのお問い合わせフォームからでも可能です) right arrow お問い合わせフォーム
①参加される保護者の方のお名前、②お子様のお名前、③携帯電話番号
をお知らせください。

ご予約完了のお知らせをもっての確定となります。

2日以内に電話もしくは返信のない場合は再度ご連絡ください。

スリング

投稿者: 庄井歯科医院

2017.03.22更新

こんにちは

庄井歯科医院 副院長ですflower2

 

よく、「歯磨き粉は何歳から使っていいのですか?」という質問を受けますが、

 

歯磨き粉はぶくぶくぺーができない小さなお子様(だいたい3歳未満)にはお勧めしませんuun

 

いろいろなホームケア製品がありますが、むし歯予防には年齢にあったものを選ぶことが大切です。

 

そこで今回は年齢別におすすめのホームケア製品をご紹介します

 

   ホームケア製品以外にもそろえてもらいたい歯のケアグッズについてはこちらで紹介しています。

   0歳から準備しておきたい3つの歯のケアグッズ

 

leaf0~1歳半くらい

歯が生えてからすぐ使えるおすすめのグッズ、フッ素配合スプレー「レノビーゴ」

 レノビーゴ

 

この「レノビーゴ」には私もすごく助けられましたsun

 

わが家の場合、初めての歯が生えた0歳のころから使い始め、

すごく気に入ってくれて、歯のケアの導入として、赤ちゃんのお口のケアに対するモチベーションをアップするのに

とっても役立ちましたsun

 

このレノビーゴはフッ素濃度も100ppmと低いので赤ちゃんにも安心ですし、

スプレータイプなので歯に直接シュッシュッと吹き付けられるので使いやすいですglitter3

 

その記事はこちら

「歯が生えたら、0歳からのホームケア」

 

上の乳前歯が生えてきたら、ホームケアだけでなく、歯医者さんでのフッ素塗布も併せていきましょう。

  down arrowdown arrowdown arrow

レノビーゴはフッ素の量が100ppmと低いので、むし歯予防効果はあまりないと言われています。

そのため、乳歯の奥歯が生えてくるころになったら、ホームケアもステップアップしていきましょう

 

leaf1歳半~3歳くらい

乳歯の奥歯がある程度生えてきたら、フッ素濃度が500ppmくらいのものにしていきましょう

まだ自分でうまくつばが吐き出せないくらいの子には、うがいがいらないフッ素濃度の低いフッ素ジェルか、泡状のものがおすすめです。

ジェルバナナ


我が家では、歯が生えた時から使っていたレノビーゴがなくなったのが1歳半くらいだったので、そこからこのジェルに移行しました。

フッ素のホームケア製品は年齢に合ったフッ素濃度と使い方にもポイントがあります。

 

noteフッ素のホームケア製品効果的な使い方(まだ歯磨きやうがいがうまくできない小さい子編)note

歯ブラシにジェルを少量(米粒~小豆大程度)つけてそのまま仕上げ磨き

(お口の中の汚れが気になる場合はお水だけで磨いた後に、お水などを飲ませて、そのあとに歯ブラシでジェルを歯全体に塗りつける)

 

そのあとはゆすがずに30分は飲食をしない、就寝前はそのまま寝る(洗い流さないトリートメント)

 

お口の中に、ある程度のフッ素濃度が保たれることで、むし歯予防効果を発揮ihi

 

 

leafだいたい3歳~

うまくぶくぶくぺーができるようになったら、歯磨き粉もOKですが、歯磨き粉は研磨剤や発泡剤が入っているのでうがいをしましょう

でも、うがいをしすぎるとせっかくのフッ素が流れてしまうので、むし歯予防のためにはうがいは少量・1回にしましょう!

 むし歯予防効果をUPするには、何もつけずにか歯磨き粉で歯磨き→うがい→ジェルを全体に塗ってうがいなし がおすすめです。

歯磨き粉

 

leaf4歳以上ではフッ素の洗口液も!

歯磨きなどをした後、寝る前に少量のフッ素洗口液でうがいをします。フッ素の濃度は低いのですが、

全体にいきわたり、唾液で薄まることがないので実はとてもむし歯予防に効果的と言われています。

 

当院では、ミラノールという洗口液を取り扱っています。

年齢に合わせて濃度を調節できるので、お子さまから大人の方まで、幅広い年齢層にお勧めしています。 

ミラノール

 

 

leaf市販品は?

 ドラッグストアなどでもフッ素のホームケア製品はたくさん売られていますが、フッ素の濃度が記載されているか確認してみてください。

安全に、効果的にむし歯予防をしていくためには、年齢に合った濃度のものを使う必要があります。

多すぎても少なすぎても・・・

 

down arrowこんな感じでフッ素濃度が明記されていると安心ですね(薬用成分 NaFの部分)

 

500ppm

950ppm

 

  お子様に合ったホームケア製品がわからない、使い方がわからないという方、いつでもお気軽にご相談くださいnico 

今使ってるものでも大丈夫?というご相談でもOKです。その場合はお使いの歯ブラシやホームケア製品を持ってきてくださいね

 

Web予約もできますnote right arrow 庄井歯科医院Web予約 

投稿者: 庄井歯科医院

前へ