スタッフブログ

2019.12.05更新

こんにちは

庄井歯科医院 副院長です。

 

「おススメの歯のケアグッズを教えてほしい」というリクエストがありましたので、ご紹介させていただきますnico

 

ぜひ揃えていただきたいのは、歯ブラシフロスホームケア用フッ素製品 の3つです。

 

①歯ブラシ

まずは定番歯ブラシ。年齢や歯の生え方によって使いやすさや汚れを落とす効果が変わってきます。

また、本人に持たせる場合は危険がないようにすることもポイントです。

 

leaf歯が生える前からだいたい1歳ころまで

リング歯ブラシやストッパー付きのもので歯ブラシに慣れてもらいましょう。

前歯だけの歯科生えてない時期は仕上げ磨きも同じもので大丈夫です。

シリコン製のものは汚れを落とす効果が低いので、ブラシタイプのもの、ブラシの毛が密なものがおススメです。

 

leaf1歳過ぎ~

奥歯が生えてくるころにはリング歯ブラシやストッパー付きのものだと届きにくくなるので仕上げ専用の歯ブラシも用意しましょう。

仕上げ専用のものも、ブラシタイプで毛が密・柔らかすぎないものがおススメです。

リング歯ブラシ

 

leaf3歳くらい~

自分でも磨くようになったら本人用のものも用意して少しずつ自分磨きの習慣もつけていきましょう

本人が練習するための歯ブラシと仕上げのための歯ブラシでは、それぞれ目的に合った形が違います。

別々に用意しましょう。

歯ブラシ

 

②フロス

乳歯の頃から歯ブラシとフロスはセット!くっついた歯と歯の間には毎日のフロスが必須

ということを子ども自身にも習慣づけしていきましょう。

よく食べ物が挟まった時にはフロスをしています、という方もいますが、

歯と歯の間はものが挟まっていなくても汚れはありますuun

くっついていれば、歯ブラシではお掃除できませんun

毎日全部の歯の間を完ぺきにフロスする必要はありません。

大変な場合は、1日1~2か所ずつでもかまわないので、毎日フロスを手に取ってお口に入れるようにしていきましょうglitter2

子どものお口は小さいので、持ち手つきのものは子ども用の小さいものを。

パパやママが指巻き式のものに慣れている場合は指巻き式のもので大丈夫です。

フロス

 

③ホームケア用フッ素製品

ホームケアにもフッ素をプラスしていきましょう

スプレータイプ、ジェルタイプ、フォームタイプ、洗口液などがあります。

歯磨き粉はぶくぶくができるようになってから使いましょう。

うがいをすることでフッ素は流れてしまうので、むし歯予防効果を高くするなら歯磨き粉だけより、うがいのいらないジェルかフッ素のうがい薬を合わせることをお勧めします。

 

また、年齢によってフッ素の適量も変わってきます。

フッ素の濃度も確認しましょう。

フォームタイプなのかジェルタイプなのかでも変わってきますので、

詳細はかかりつけの歯医者さんで教えてもらいましょう。

  ジェル

 

以上がおススメの歯のケアグッズについてでした。

道具も大事ですが、同じくらい使い方も大事です!

実際の使い方などはかかりつけの歯医者さんで実際に教えてもらいましょうihi

庄井歯科医院では、おうちで使っている歯ブラシやケアグッズを持ってきていただいて

実際に歯ブラシのやり方などの指導を行っています。

 

やり方がよくわからない、という方はぜひ赤ちゃん歯科・小児歯科にお越しくださいねnote2

投稿者: 庄井歯科医院

2019.12.01更新

こんにちは

庄井歯科医院 副院長です。

 

当院では、「ママができる赤ちゃんのためのむ健康なお口育て」として、

妊婦歯科健診をおススメしています。

 

また、赤ちゃんは0歳から歯医者さんデビューすることもおススメしています。

 赤ちゃん

 

最近は意識の高い方が多く、お子さまの健康なお口を育むためにとても頑張っているなぁと感心しますnico

 

赤ちゃんの健康なお口育てには、ママだけでなくぜひパパも参加してください!!

 

むし歯は、感染症であるとともに生活習慣病でもあります。

 

むし歯菌は周りの方から感染するのですが、スプーンなどの共有をしないというのは過度になりすぎると、

一緒に生活していく上でスキンシップが減ってしまうという問題もありますnamida

 

赤ちゃんのお口の健康のために、赤ちゃんだけ甘いものを制限したり、仕上げ磨きを徹底したり、スキンシップを減らしたりするのではなく、

家族みんなのお口の中がむし歯菌の少ない健康なお口になることで、むし歯菌の感染もぐっと抑えることができますnote

 

また、家族みんながお口の健康について意識することで、赤ちゃん自身の自分のお口の健康を守るという意識を育むことができます。

 

赤ちゃんのお口の健康を育むために、家族みんなが歯医者さんで定期的なメンテナンスを受けましょうihi

 

むし歯菌が感染しやすい時期は1歳半~3歳と言われています。

 

最近歯医者さんに行ってないな~というパパさんは、プレパパ・パパ歯科健診をぜひ受けてくださいねnote2

 

Web予約も受け付けております right arrow 庄井歯科医院Web予約

 

 

 

 

 

投稿者: 庄井歯科医院