小児歯科・赤ちゃん歯科

小児歯科専門医とは

お子様にとってはじめての歯医者さんは、お子様の口の健康を一生左右すると言っても過言ではありません。

そのためには、子どものお口のことを良く知っている先生に診てもらうことが大切です。

小児歯科専門医は厚生労働省の認可を受けた資格です。

全国で10万人以上の歯科医師の中で、小児歯科専門医はたったの1200人とわずか1%程度しかいません。

当院は小児歯科専門医の医院として、お子様のお口の健康を守るお手伝いをさせていただいております。

当院の小児歯科の特徴

その10歳から始めるむし歯予防とお口の健康管理

“むし歯になったら歯科医院へ行く”のではなく、“むし歯になる前に予防をする”ことが何より重要です。特にお子さまの歯は大人の歯よりも柔らかく、むし歯になりやすいもの。おやつの食べ方やブラッシングの方法などについて保護者の方が学ぶことが、お子さまのお口の健康を守ることに繋がります。また、お口の健康はむし歯予防だけではありません。唇や舌の使い方も大事です。赤ちゃんの頃からのお口の使い方、離乳食から始まる食事の食べ方も将来のお口の健康につながっていきます。

庄井歯科医院では、むし歯予防だけでない、よりよい口腔を育てるためのケアを行っています。




その2お子さま自身の成長を願って

低年齢でのむし歯の罹患率は年々減少傾向にあるものの、中学生や高校生では未だに顕著であるように思えます。保護者の目が届かなくなるのを堺に、お口のお手入れがおろそかになってしまうのでしょう。「三つ子の魂百まで」といいますが、やはり小さいころからお口の健康に対する意識と習慣づけができていると、その後の人生が変わってくるのではないでしょうか。

 

当院では、お子さまが自ら楽しんでブラッシングを行えるような指導を試みております。特にお勧めしたいのが、フレーバーの付いたフッ素スプレーやジェル。歯質の強化を乳幼児から継続的に行っていけば、セルフメンテナンスの意識が自然に芽生え、そのことがより疾患率を低減させるでしょう。

その3妊娠中の方へ マイナス1歳からのむし歯予防 

ママのお口の健康だけでなく、赤ちゃんのよい口腔に育てるケアは妊娠中から始まります。

むし歯は感染症であるため、赤ちゃんの周りの人のお口の中が健康かどうかが重要です。

庄井歯科医院では妊婦歯科健診を行っております。ママのためのお口の健康のアドバイスとともに、赤ちゃんのお口の健康のためのアドバイスもしています。

妊娠中の検査や治療についても、しっかりと説明しています。

 

小さなお子さまをお持ちの方へ

すでにお子さまをお持ちの場合は、ブラッシングのチェックだけでなく、食事やおやつのあげ方にも気を配っていただきたいと思います。チョコレート、アメ、キャラメルなどについては周知が進んでいるようですが、実は炭酸飲料やスポーツ飲料なども歯の天敵です。詳しくは、直接おたずねください。

おやつのあげ方に注意しましょう

甘い食べ物・飲み物はむし歯の原因になりますが、絶対に食べてはいけないというわけではありません。ダラダラちょこちょこと食べることが、むし歯の原因になるのです。
ですからおやつは決まった時間にあげ、ジュースも決まった時間のみ。お子さんがいつでも口に入れやすい飴やグミといったお菓子は、なるべくあげないようにしましょう。

「予防歯科」に連れていきましょう

むし歯治療は痛みを伴うなど、お子さんにとっても大変なもの。そのため、むし歯になったら歯科医院に連れて行くのではなく、むし歯にならないように歯科医院に行く習慣をつけましょう。
むし歯を予防するには、日ごろのブラッシング・仕上げ磨きが大切です。予防歯科では磨き方のチェックを受けることができる他、フッ素塗布も行っております。

妊娠中の方へ

「妊娠中は歯科治療ができない」というのは誤解です。むし歯は感染症であるため、むしろ赤ちゃんが産まれる前からママのお口の中をきれいにしましょう。自覚症状がない場合でも、マタニティウォーキングのついでに検診を受けてみてはいかがでしょうか。


【小さなお子さまをお持ちの方へ】
すでにお子さまをお持ちの場合は、ブラッシングのチェックだけでなく、食事やおやつのあげ方にも気を配っていただきたいと思います。チョコレートやガムなどについては周知が進んでいるようですが、実は炭酸飲料やスポーツ飲料なども歯の天敵です。詳しくは、直接おたずねください。

お子さまに向けた予防治療

シーラント

奥歯の咬む面の溝には、食べかすやばい菌がたまりやすい傾向にあります。この溝を特殊な樹脂で埋める施術が「シーラント」で、乳歯の奥歯や生えて間もない永久歯に行うのが効果的です。なお、このために歯を削るようなことはいたしません。

ブラッシング指導

普段お使いの歯ブラシを、ぜひ当院へお持ちください。歯の状態と合わせてお子さまのクセなどを推測し、正しいお手入れ方法をアドバイスいたします。また、保護者の方の仕上げ磨きの指導も行っております。歯科医院には仕上げ磨き専用の歯ブラシを置いていますので、合わせてご検討いただけますようお願いいたします。

フッ素塗布 保険適用外の場合 1回1,000円(税抜き)

フッ素は歯の再石灰化を助け、歯質を強くする効果があります。生えて間もない歯に特に効果があるため、小さいうちからの歯科医院での定期的な塗布(3~4カ月毎)とご家庭でのホームケア製品の使用をおすすめしています。歯が生えたての0歳児から塗布を行っております。また、ホームケア製品は0歳から使えるものから年齢に合わせたものを取り揃えておりますのでご相談ください。

「ティースマイルクラブ」

フッ素塗布は1回すれば良いというものではなく、定期的 (3~4カ月毎) に行う必要があります。

また、歯医者さんでのフッ素塗布に加え、ご家庭でのホームケア製品を併用していくことで、より効果が期待できます。

そこで、当院では「ティースマイルクラブ」という予防プログラムをご用意しました。

入会時にホームケア製品、年4回歯ブラシをプレゼント、さらに会員の方はホームケア用フッ素ジェルまたは歯磨き粉を割引価格で購入できます。

 

むし歯予防プログラム ティースマイルクラブ

  ☆ホームケア用フッ素ジェル(500円相当)

  ☆フッ素塗布の際に歯ブラシ毎回プレゼント(960~1600円相当)

  ☆ホームケア用フッ素ジェル、歯磨き粉を会員価格で

 

        入会金 1000円(税抜) (有効期限1年間)

        更新料(1年毎) 500円(税抜)

  

お子さまの歯並びが気になる方へ ―咬合誘導―

当院では「咬合(こうごう)誘導」と呼ばれる治療を行っております。これは、乳歯の早期喪失や習癖(指しゃぶり、口呼吸など)で後天的に乱れた歯並びを、本来の成長過程に戻し、健全な永久歯列の獲得をめざす治療方法です。
対象の症例:乳歯の早期喪失・受け口・出っ歯・上下の歯のかみ合わせのずれなど

*対象となる症例には限りがあります。

世界初!むし歯菌と戦うキャンディー『ドクタージョンズ』

『ドクタージョンズ』を庄井歯科医院でも取り扱っております。

詳しくは当院までご連絡くだささい。

『ドクタージョンズ』公式サイトはこちらから

 

 

スタッフブログ

ドクターズ・ファイル

FACEBOOK

 

弦巻通り まりあ歯科

あわーず相模大野

24時間WEB予約受付中

健やか親子21